バヌアツの法則はウソ?地震の連動と過去データを調べてみた。

防災インフォ
スポンサーリンク

バヌアツの法則とは

バヌアツの法則を知っていますか?

オーストラリアの東、南太平洋のバヌアツ共和国で大きな地震があると、数日~2週間後に日本でも大きな地震が起きるのではないかという法則です。

Google Mapより

ちなみにバヌアツはここです。

バヌアツの法則は誰が言い出したか明確になっていませんが、どうやら2016年の熊本地震をきっかけによく言われるようになったようです。

  • 2016年4月3日にM6.9の地震がバヌアツで発生
  • 2016年4月14日にM7.0・震度7の熊本地震が発生

確かにバヌアツで地震が発生した1~2週間後に日本で大型の地震が発生しています。ただ、これ1回で法則というには薄っぺらすぎる理論に思えます。

2011年の東日本大震災の直前にバヌアツでも地震があったから、それが言説の始まり・・・という人もいます。

バヌアツの法則はウソ?

結論から言うと「バヌアツの法則はウソ」です。

バヌアツも日本も地震の多い地域であるため、ほぼ毎日大小の地震が発生しています。それが連動して見えてしまっているだけです。

(1)プレート理論から考えるとウソ

日本もバヌアツも「太平洋プレート」の円周上にいるため、連動しているのではないかと言われています。

鳥取県HP掲載物を加工

ただし、この考え方はあまりスジがよくありません。なぜなら、日本とバヌアツはプレートの移動する方向が逆だからです。

日本の太平洋プレートはフィリピン海プレートに潜り込む構造です、一方、バヌアツの太平洋プレートはオーストラリアプレート側へと潜り込む構造です。そのため、プレートの力が日本の方向に影響を与えることはありません。

鳥取県HP掲載物を加工

図で書くと赤い矢印の方向でプレートが引っ張られているということです。同じ方向なのであれば影響する可能性がなくもないと言えそうですが、日本とバヌアツのプレートの移動方向が違うということです。

(2)過去データから考えるとウソ

過去のデータを見返してみましょう。

USGSのサイトから、過去のバヌアツと日本の地震をダウンロードして、表を作ってみました。2000年以降のものですが参考になると思います。

USGSとは、アメリカ地質調査研究所(United States Geological Survey)のことです。ワールドワイドという意味ではこの組織が最も地震関連情報を持っています。日本に特化した場合は日本の「地震本部」が情報を持っています。
これが日本とバヌアツの地震データです。

ちなみに、赤文字がバヌアツで起こった地震を表しています。黄色ハイライトがバヌアツで地震が起こった1~2か月後に日本でも地震が起こったケースです。一方、青いハイライトは特にバヌアツと日本の地震が離れていたケースです。

この表を見ると、思いませんか?

「バヌアツの法則、当たってるじゃん!」と。

黄色ハイライトがほとんどですね。ということは、バヌアツの法則は理論として成立しているということなのでしょうか。黄色ハイライトが15ケース、青色ハイライトが6ケースあります。

個人的には、青いハイライト(連動がなかったケース)もかなり多く見受けていると感じています。本当にバヌアツの法則が当てはまるのであればこれらも黄色になっていないとおかしいと思います。

また、逆説的ですが、「日本の法則」の方が当てはまるのではないか?とも見受けられます。そうです、日本で中型以上の地震が起こった後にバヌアツで大きめの地震が起こるという法則です。

バヌアツで地震が起こる前に、必ず日本でも地震が起こっています。

意外と「逆」なのかも・・・と思いませんか。

ただ、私はこれは「日本もバヌアツも地震の回数が多すぎるから、連動しているように見えるだけ」だと思います。

私が表にしたデータは、小さい地震のデータを削除しています。この表に表示されていない地震も数多くあるということです。本当に統計学的に証明しようとするのであれば、最低限、下記のような処理が必要だと思います。

  • 小さい地震から大きい地震まで全てデータを網羅した上で分析する
  • 地震がバヌアツから日本に伝播する「仮説」を建てる(プレートを伝う、複数の地震を誘発しながら北に進むなど)
  • 逆パターン(バヌアツで地震が起こった後に日本で起こらないケース)について理論を建てて証明する
  • マグニチュードだけでなく震源や深さ、揺れの種類などの情報も盛り込む

おそらくは日本の地震学者なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか?それでバヌアツの法則ということがザワついていない、地震本部や日本政府で言われていないということは、やはり「バヌアツの法則などない」というのが正解だと思います。バヌアツの法則が正しいのであれば、日本政府が真っ先にとびつくはずだからです。

それでも気になるなら防災セットを買おう!

正直、バヌアツの法則が正しいかどうかは関係なく、地震があったらすぐに対応できるように準備しておくことが重要だと思っています。

「バヌアツで地震があったから、そろそろ防災グッズを揃えないと・・・」というレベルのスピード感では間に合いません。

防災グッズは今すぐ購入しておくべきです。もう持っているのであれば良いですが、持っていないのであればこちらのおすすめリストを参考にしてください。

おすすめ防災セット5選!徹底比較ランキング【2019年版】
防災セットを買うとき「何を買えばいいのか」「いくつ買えばいいのか」考えるのには手間がかかりますよね。検討する時間のない忙しい人に向けて、これだけ買っておけば安心できる「最高の防災セット」をご紹介します。
津波対策に特化した防災グッズおすすめ5つ【水害対策も含む】
地震で怖いのは揺れや火災だけではありません。一番怖いのは「津波」です。人の力ではどうにもならないパワーで水の中に引きずり込まれてしまいます。台風・洪水などの「水害」も同じです。今回は津波対策専用の防災グッズを紹介します。

 

コメント