日本海溝沿いの大地震は「30年以内に90%以上」!?最新の政府の長期評価をまとめてみた

防災インフォ
スポンサーリンク

地震本部が日本海溝の長期評価を発表

青森東沖から房総沖の日本海溝 全域で地震発生が高確率 - 毎日新聞
 政府の地震調査委員会は、青森県東方沖から房総沖の日本海溝で将来起こる地震の発生確率を見直し、26日に公表した。大きな被害をもたらすマグニチュード(M)8級の地震が全域で高い確率となっており、調査委は「『東日本大震災があったのでもう大地震は来ない』という考えは誤解」と警戒を呼びかけた。また、南海トラ

2019年2月26日、地震本部が2019年初めて地震の長期評価を発表しました。

詳細な評価書はこちらです。

最新の「長期評価」の内容は?

その内容は大きく3つに分けられます。

  1. 東日本大震災レベルのもの(マグニチュード9クラス)は発生確率ほぼ0%
  2. マグニチュード7~8クラスの大地震が、東北(青森・岩手・宮城県沖)でこの30年の間に90%の確率で起こる
  3. 関東(茨城県沖)でも、マグニチュード7クラスの大地震が発生する確率がこの30年で80%
マモル君
マモル君

僕は関東に住んでるよ!怖い!

ソナエさん
ソナエさん

ところで「地震本部」って何ですか?

大佐
大佐

地震本部とは、正式名称を「地震調査研究推進本部」といって、文部科学省の特別機関の1つです。地震の調査・評価を行って対策を練る国の組織です。

長期評価とは何か

長期評価とは、活断層で発生する「内陸型地震」や「海溝型地震」を対象に、地震の規模や一定期間内に地震が発生する確率を予測したもののことです。

これを「地震発生可能性の長期評価」(長期評価)と呼んでいます。

今回発表されたのは海溝型地震、特に東北の日本海溝で発生する地震です。

ソナエさん
ソナエさん

南海トラフ地震も「海溝型」なんですね。

大佐
大佐

そうですね!ただ、今回は日本海溝(関東~東北)の評価がメインなので、南海トラフの詳細については触れられていませんね。

  • 内陸型地震・・・首都直下型地震など
  • 海溝型地震・・・南海トラフ地震など

 

マモル君
マモル君

こんな感じですか!?

ソナエさん
ソナエさん

イラスト下手ねぇ・・・。

マモル君
マモル君

頑張って描いたのに!

大佐
大佐

だいたい合ってますよ!

マグニチュード9「発生確率ゼロ」は信じられるのか?

マグニチュード9クラスの地震はもう発生確率ゼロという内容は、にわかには信じがたいですね。

南海トラフが起こるぞといいつつ、ここ数年は北海道や熊本、大阪など、全く別のところで大地震が発生しています。どこで起こるかについては正直、予知できないのが現状です。

ただ、「東北以北においてだけ言えば、発生する確率は高いけどマグニチュードは7~8クラスだろう」という予測だけは当たるのだと思います。

大佐
大佐

マグニチュード7~8クラスの地震も、震度6~7に達することがあります。最強クラスではないものの、負傷者・死者が多く発生するかなり恐ろしい地震です。気を抜けまません。

 

まとめ

結論、大地震は2019年以降も”多発する”ということです。

生き残りたい人は、必ず防災セットを購入して自宅に配備しましょう!

おすすめ防災セット5選!徹底比較ランキング【2019年版】
防災セットを買うとき「何を買えばいいのか」「いくつ買えばいいのか」考えるのには手間がかかりますよね。検討する時間のない忙しい人に向けて、これだけ買っておけば安心できる「最高の防災セット」をご紹介します。

↑↑おすすめ防災セット↑↑

防災セットは最近売り切れ続出なので、早めに購入しましょう!

コメント